体験談

最初は自分でも気功が出来るようになるのか半信半疑でしたが、教室の雰囲気が良かったのでとりあえず始めてみました。授業では毎回何かしら変化が感じられたので、飽き症の私でも楽しく続けているうちに、長年の肩こり、腰痛、花粉症などさまざまな身体の不調が改善していました。
何より子供がけがや熱を出したりしたときに薬やお医者さんに頼らず自分で手当てできることが本当に助かっています。(30代女性)

 

どこか痛い時にママにいつもしてもらっていた、癒しの業。自分でも10歳から出来るので、受講しました。先生から、「身体はもちろん食べ物にもしたら美味しくなるよ~」と聞いて、ママと授業の帰りに寄った喫茶店のお水や食べ物で実験すると、本当においしーくなりました!10代女児)

 

8年前に若年性リウマチと診断され、手首と肘の激痛に苦しむ日々でした。薬で抑えていましたが、一生飲み続けるのか?と副作用におびえていました。癒しの業を毎日行うようになり、しばらくすると薬から解放され、飲まなくても過ごせるようになりました。もう6年間薬なしで過ごしています。治らないと思っていた日々を思うと、奇跡のようです。感謝でいっぱいです。(40代女性)

 

出勤時に事故に遭い、右足の甲を骨折したときのこと。ちょうど年の瀬で、2か月後には引っ越し、3か月後には転職も決まっていた時期でした。事故当日の診察では、待合室と診察室の行き来すらできず車椅子に乗せられました。その日の夜から始まった松葉杖での生活。痛みや腫れ、内出血もありましたが、癒しの業でエネルギーをかけ続けることで修正・修復が促進されたのでしょう。一度も痛み止めや湿布は使うことなく過ごすことができ、骨がずれたりすることもなく経過は順調でした。

家事や移動など全ての動作に時間がかかり体力の消耗もありましたが、授業のたびに先生がエネルギーをかけてくださり、日に日に良くなっていきました。気が滅入りそうな私を連れだして、一緒に初詣に行ってくれた田中ゼミナールの仲間。お互いに支え合う心強い存在です。

おかげさまで、事故後40日目に無事に松葉杖が外れ、引っ越し前には筋力や可動域も随分戻り、転職する頃には後遺症もなく完治して今に至っています。本当にありがとうございました。(30代女性)

初めて癒しの業を受けた日は体が芯からほぐれ、自分で初めて手をかざした日は手のひらが熱く感じました。先生が、「いろいろ試してみてください!」とおっしゃっていたので、顔のリフトアップはどうかなと。顎の下から手を上に向けていると、しばらくしたら左頬だけピクピク動きだしびっくり!そのまま続けていたらやっとおさまり、鏡をみると左顔面がすっきりしてバランスがとれた感じでした。すごい業をありがとうございます。少しずつでも勉強続けていきます。(60代女性)

 

学生時代から生理不順でホルモン剤を飲んでいました。婦人科での診察はいつも憂鬱でした。薬を飲むと副作用が怖いし、薬をやめると生理が止まってしまう・・・どうすれば良いのか悩んでいました。田中ゼミナールで癒しの業を習い始めてから、徐々に生理が順調になり、今では自分の力でほぼ毎月生理が来るようになっています。本当にありがとうございます。(30代女性)