癒しの業®(いやしのわざ)とは?

「癒しの業」とは、生命エネルギーを取り込んで手から強く放射する外気功(ハンドヒーリング)の一種。施術は直接体には触れずに行います。私たちは生命体である以上、生命エネルギー(気)は欠かせないものです。 「癒しの業」は生命エネルギーを有効に取り込み活用するための技法です。

 

ところで、気とは何でしょうか?日本語には、気の付く言葉がたくさんあります。元気、気になる、気を遣う、など。意識していなくても目に見えないエネルギー、すなわち気を感じている証拠と言えましょう。

気功には、自分自身のエネルギーを用いる内気功と、自分の外側から取り込んだエネルギーを利用する外気功が存在します。田中ゼミナール独自の気功法「癒しの業」は外気功に相当します。

「癒しの業」には、癒し+浄化のエネルギーが含まれています。あらゆるものを癒し、修正修復へと誘います。体にはもちろん、心や魂にまで働きかけるのが特徴です。ご自分にはもちろん、ご家族やペット、食品、空間などあらゆるものに応用できます。個人差はありますが、体感的には温かく感じたり頭がクリアになったりします。具体的には以下のような効果が期待できます。

 

・肩や首など体の凝りの軽減

・デトックス作用

・ストレス解消

・やる気、集中力アップ

・心身のリラクゼーション

・健康、美容の促進

・意識の向上、幸福化


癒しの業®の必要性について

エネルギーの中でも、生命エネルギーは万物を生み出し生かしている根源のエネルギーです。例えば電気もエネルギーの一種ですが、電線を流れることでその役割を果たすのと同様に、生命エネルギーも私たちの中を流れることで私たちは生命力に満ち溢れていきます。

 

現代人はエネルギー不足から様々な問題を起こしています。また、電磁波や人の想念波などの影響も受けており、食品や環境などあらゆる面での毒化が進んでいます。いろんな浄化グッズなどもありますが、物を介して放たれる波動には限界があります。そのような状況に対していかに対処していけば良いのか、道しるべとなるのが「癒しの業」の習得なのです。

 

よく、魂を綺麗にすることが大事と言われますが、具体的には示されていないのが現状です。「癒しの業」は、肉体や精神レベルだけでなく、実践コースまで進むと魂の浄化が可能となります。また、生命エネルギーを補い、あらゆる意味でのクリーニングが促進されていきます。ここに、「癒しの業」の必要性があるのです。

 

講習会では、講義と共に実習の時間があります。手をかざして放射すればするほど、背中からエネルギーが流入し、受ける人も施す人も、気のめぐりが良くなっていきます。混沌とした世の中において、「癒しの業」を習得することにより、目には見えないエネルギーの世界をはっきりと知り、意識の目覚めが起こってきます。今の時代に、癒しの業を身に着けることは、人生に大きなプラスとなることでしょう!

まずは、基礎コースから始めてみませんか?エネルギーの世界を体験・体感してみてください。

癒しの業は、田中ゼミナールの登録商標です。